ワンオペの意味とは?劣悪な労働環境に社会はNG!

Pocket


あの有名なすき焼き屋チェーン店「すき家」の
会社である「ゼンショーホールディングス」が、
10月1日以降の深夜営業を休止する
と発表しました。

なんでも、「ワンオペ」状態を続けた結果、
とんでもなくヒドイ環境になっている店
多すぎるのだとか・・・。

ところで、「ワンオペ」って
何を意味するのかご存知ですか?

アルバイト生をはじめとする、
多くの労働者が置かれている環境「ワンオペ」について
ご紹介します!

ワンオペとは?

ワンオペの意味とは?劣悪な労働環境に社会はNG!1

ワンオペ:「ワン・オペレーション」の略。

一人勤務体制」です。

アルバイト生などが、一人でお店の運営をするということです。

ちなみに、「ツーオペ」は二人体制でお店をまわすこと

ワンオペをすると、人件費が安くなり
会社の上の人にたくさんお金が入るというメリットがあります。

ですが、デメリットの方が大変問題となっております。

ワンオペによるデメリットとは、
どのようなものがあるのでしょうか?

Sponsored Link

すき家の場合・・・

ワンオペの意味とは?劣悪な労働環境に社会はNG!2

「すき家」は、株式会社ゼンショーが経営する、
1982年創業のすき焼きチェーン店です。

日本国内において、店舗数最多を誇る「すき家」。

すき家はたいてい、ワンオペでお店を動かしていました。

この店で働く人は、とても悪い環境に身を置く必要がありました。

一人で運営をするということは、
すき焼き等の調理~配膳~後片付け、会計、それらの接客
全部一人でするということです。

家で料理を作るのとは違って、
飲食店なのでお客さんがたくさん来ます。

数十人を相手に、
料理を作るところからお会計をするところまでするとなると……

どれだけの苦労がそこにあるか、
考えただけでもぞっとしますね!

あとからあとからお客さんがいらっしゃるのですから、
その対応に追われる「ワンオペ」従業員は、休む暇もありません。

後片付けをしたくても次のお客さんが来て、
注文を取ったら、できるだけ早く
そのお客さんのための料理を作り、持っていく必要が出てきます。

そうして、汚れた食器をそのまま放置するしかないという、
衛生面にも悪い環境が生まれてしまうのです。

普段から月に500時間以上の労働をするなど、
労働基準法を違反している店舗がほとんどのようです。

ワンオペをし続けた結果・・・

ワンオペの意味とは?劣悪な労働環境に社会はNG!3

ワンオペをアルバイト生に強制し続けた結果、
各地で深夜強盗が多発しました。

その理由として、食券自販機形式ではなく、
レジ形式を採用していたことが挙げられます。

もし、食券自動販売機形式にしていたら、
注文を取る時間をほかの時間に活用することができるのですが・・・。

また、従業員が1人であることから、すき家は
誰でもできる強盗対象として有名になり強盗が多発しました。

レジが出入り口に近かったことも
理由のひとつかもしれません。

強盗多発により、防犯対策をするように
警察からの指導もありました。

Sponsored Link

他のお店の状況は?~吉野家からファミマまで~

他の牛丼チェーン店(吉野家や松屋など)では、
基本的にワンオペをさせていないようです。

ですが、ファミマなどのコンビニ店では、すき家と同じように
深夜営業を一人に任せる「ワンオペ」状況があるようです。

私の家の近くにあるファミマも、
人通りが少ない場所にあったからか、ワンオペをしていたからか、
万引きが多発したという噂が立ちました。

その後、売り場には「万引き禁止!」のポップばかりが並ぶことに…。

値札よりも先にそのポップが目に入ります。
あまり気分のいいものではありません。

また、その店に行くたびに、どのお客さんも
万引きをするのでは?」とあからさまに疑い
かけられるようになりました。

ますます人足が減ったように記憶しています。

すき家の将来は?

ワンオペの意味とは?劣悪な労働環境に社会はNG!4

「すき家」は今後、
ブラック企業」というイメージがつきまといそうです。

経営はますます悪化していくように思います。

以前話題になった「ワタミ」と同じように、いくら給料を上げても
人手不足でお店を開けない事態にまで陥るかもしれません。

人件費を安く抑えれば・・・
という単純な考えでは、今の時代うまくいきません。

飲食業は、現場があってこその商売。

お客様にどれだけ心地よい空間を提供できるか?
それを提供できるだけの環境が店側に整っているのか

そこが大事なのです。

そこから手を抜いている時点で、あまりいいお店とは言えませんね。

一度失われた信頼性を再び取り戻すのは容易ではありません。

現場環境の改善はもちろんのこととして、
今後は他の企業以上の一層の努力を期待したいところですね!

Sponsored Link

2件のコメント

  • 現役クルー

    これだけ大事になったにも関わらず、いまいち改善されていないのが現状なんですよね…。

    深夜帯は完全ツーオペ体制にはなったけど、別の時間帯では当たり前の様にワンオペ継続されてるし。
    売上目標が達成出来ない時は、一切休憩出来ていないにも関わらず”休憩した”という報告をさせられサービス残業状態に。
    日々こなさなければならない業務は増える一方。
    休憩なしで長時間労働していると、自分はご飯をかっ込む数分すら与えられてないのに、人のご飯の用意ばかりに追われて、自分の担当している仕事も終わらないし……お願いだから来店しないで下さい。
    という気持ちでいっぱいになってしまいます…。

    未だに現場は心身共に疲弊しているのが現状なのに、すき家で記事を検索すると ブラックから一転、ホワイト企業に!
    なんて記事ばかりが目に付き悲しくなってきますね…。

    • t-news0929

      なるほど・・・貴重なご意見、ありがとうございます!

      電通の件もそうでしたけど、
      やはりもっとも重要なのは現場の声ですよねぇ。。

      一度失った信頼を取り戻すのは難しいといえども、
      多くの人は時間が経つと忘れたり印象が薄れたりしますし、
      そこへポジティブキャンペーンを入れ込んでいけば
      大衆は印象操作されてしまいます。

      一般企業でも「サービス残業はやめよう」な流れが少しきてましたけど、
      やはりブラックなところはブラックなようですし、行政の引き締めが必要なのかもしれません。

      ブラック企業の時間外労働の話を聞く度に、
      「労働基準法って機能してないのかな?」と思います・・・。

t-news0929 にコメントする コメントをキャンセル