ハムスターを購入するお店や選び方、準備すべきものとは?

Pocket


ペットショップでよく見るようになったハムスター。
とても小さくて可愛らしいですよね。

当然、ハムスターをこれから飼おうと考えている人もいることでしょう。

そんな人に質問です。

ハムスターを購入するお店や、ハムスターの選び方、ハムスターを診てくれる病院、
飼育するにあたって最初に揃えておくものなど、

きちんと調べてありますか?

もし、「まだよくわかってない…」という方は、
この記事を読んでしっかり予備知識を入れておきましょう!

購入するお店はこういうところがオススメ!

ハムスターは、ペットショップはもちろん、
デパート、ホームセンターなどでも売られています。

ただ、それぞれ品揃えも値段も違います。

では、どこが良いのか?

デパートでは高い値段で、逆にホームセンターでは
低い値段で売られている傾向にあります。

高い値段の方が良いというわけではありません。
また、低い値段にはそれなりのわけがあったりします。

Sponsored Link

オススメのお店は・・・?

まず、デパートで高い値段で売られているわけですが、
これはターゲットの客層が家族であるために、値段を上乗せしているようです。

次にホームセンターで安く売られているのは、
飼育している環境にお金をかけていないという場合が多いようです。

私が実際に数か所のホームセンターに行ってみたところ、
とても小さな飼育ケースに何匹も入れていて、

エサは全く入っていないか、
逆に大量に与えているようなところがありました。

ちなみに、エサを少量しか与えていないお店の目的は、
ハムスターが大きくなるのを遅らせるためです。

育って大人になったハムスターや肥満なハムスターより、
小さくて可愛い子供のハムスターの方が売れますから…。

ちょっとしたお店の陰謀ですね。

話を戻しまして、続いては
ペットショップで売られているハムスターです。

こちらは比較的、飼育環境も良いですし、
値段も平均的であると言えるでしょう。

飼うならペットショップを私はおススメします。

あとは、店員さんにハムスターのことを質問してみて、
きちんと返答が返ってくるようなお店ならなお良いでしょう。

分からないことはどんどん質問しちゃいましょう!

筆者流!ハムスターの選び方!

私がお迎えするハムスターを選ぶときにしていることを
お教えしちゃいます!

それは、飼育ケースに手を突っ込むことです!!

もちろん、お店の方の許可を頂いてくださいね。

この手を突っ込む行為をすることで、

ハムスターが人間にどのくらい興味を持つか、そしてその子の性格、
さらに、噛み癖があるかが分かります!

ハムスターの性格判断

まず、手を突っ込んだ時のハムスターの反応ですが、

  • 興味を示して寄ってくる
  • 手から逃げる
  • 興味を示さない

のパターンに分けられます。

興味を示して寄ってくる子は人に懐きやすい、好奇心旺盛タイプです。

手から逃げる子は臆病で懐くまでに時間がかかるタイプです。

興味を示さないタイプはマイペースで、おっとりタイプです。

おおよその性格診断ですので、
絶対ではないですが、大体当てはまりますよ!

噛み癖の判断

そして噛み癖があるかどうかですが、
手や指をハムスターの口元に持っていってみましょう。

噛んでこない子は噛み癖がありません。

また、噛んでくる子でも、その強さが弱い子は
噛み癖ではありません。

人間の幼い子供が何でも口に入れてしまうように、

差し出された物体が食べれるものなのか、
甘噛みしてみて確かめているのです!

そして、強く噛んでくる子ですが、
これは残念ながら噛み癖です。

治すことも不可能ではないですが、
出来れば噛まれたくないですよね。

そういう方は違う子を選んだ方が良いでしょう。

この手を突っ込んで選ぶやり方ですが、
あくまでも筆者流です。

手を怪我している方や、怖いという方は
店員さんに噛み癖がないかなどチェックしてもらいましょう。

Sponsored Link

病院を調べよう!

「ハムスターが急に具合が悪くなってしまった!」
というときに困るのが病院探しです。

ハムスターは犬や猫専門の病院では診てもらえません。

また、大きい動物病院でも「ハムスターはちょっと…」
という対応をしているところもあります。

ハムスターを飼う前に、“ハムスターを診てくれる病院”を
探しておくのを忘れずにしてください。

飼い主となるなら当たり前ですね。

ハムスターは身体が小さいので、病気の際には
一気に症状が悪化してしまい、手遅れになりやすい動物です。

いつもと様子が違う時に、すぐに獣医さんに診てもらえるように、
病院の事前調査しておくのはとても大事なことなのです。

最初に揃えるものはコレ!

では、いよいよハムスターをお迎えすることになったとき、
最低限揃えておくものをご紹介します。

小屋(ケージ)

水槽や衣装ケースなんかで飼育する人もいるようですが、

ハムスター専用ケージを買うと、回し車や巣箱もセットに
なっているものが多いのでおススメです。

エサ/エサ箱

ハムスターの主食は基本的にペレットです。

特に、ハード(固い)タイプを選んでおけば、
かじり木としての効果も期待できるのでオススメです!

※ハムスターは歯が伸び続けるため、
定期的に固いものを齧って削る必要があるのです。

ひまわりの種が含まれているエサは避けましょう。

与えるならオヤツとしてひまわりの種のみを買って、
量を調節してあげてください。

給水器

ケージなのか水槽なのかによって、
違うタイプを買う必要がありますので注意してください。

トイレ/トイレ砂

基本的にどれを選んでも問題ないはずです。

ハムスターの好みもありますので、
使い切る度に違うタイプのものをいくつか試してみると良いでしょう。

回し車

ケージに付属しているなら不要ですが、
そうでないのなら、置くタイプの回し車を買いましょう。

また、ハムスターが大人になったときの
体の大きさに合わせて購入すると良いです。

ジャンガリアンサイズのものをゴールデンに使わせるのは
かなり無理がある、ということです。

巣箱

プラスチック製や木製や陶器製のものがあります。

プラスチック製はお掃除がしやすいです。

木製はかじり木としても機能しますが、
おしっこなどをされちゃうと掃除が大変です。

陶器製は夏場はひんやりして良いですが、
冬場になると冷たく感じます。

季節で使い分けてあげるとハムスターにとっては
嬉しいかもしれませんね!

ただ、共通して言えることは、
底が無いタイプのものがオススメです。

底有りタイプは掃除をこまめにしないと
不衛生になりやすいからです。

まとめ

今回、お店や選び方、準備するものなど、
ハムスターをお迎えするにあたって、

知っておいてほしいことをお話しました。

■ハムスターを飼う前に知っておくべきこと

  • ハムスターを飼うならペットショップが良い
  • 店員さんがハムスターについて詳しいお店が良い
  • ハムスターを選ぶときは実際に触れ合ってみる
  • 飼う前に“ハムスターを診てくれる病院”を探しておく

■飼うときに揃えておく最低限のもの

  • 小屋(ケージ)
  • エサ箱
  • 給水器
  • トイレ(トイレ砂)
  • 回し車
  • 巣箱
  • エサ

まだまだお伝えしたいことはあるのですが、
それはまた別のコンテンツで。

一緒にハムスターライフを楽しみましょう!

Sponsored Link

コメントを残す